top of page

INTERVIEW #01

interview01-1.jpg
パワー・スピード勝負ではなく、ひとつひとつじっくりと取り組む。

不動産営業部 取締役営業本部長

2008年入社
 

「都心部の不動産を扱いたい」「カタチに残る仕事をしたい」と思い、異業種から不動産業界に転職を決意。営業経験は20年以上のベテランであり、エス・シー・エスの営業部のエース。「困ったら部長に聞く」は社内の共通言語。

地元の足立区を愛し、プライベートでは2人の子を持つ優しい父親。

Q.仕事内容を教えてください

メインの仕事は不動産の売買です。

まず不動産会社等から情報収集し、法人・個人が保有する不動産の買取を行います。物件は土地、一棟ビル、住宅等様々です。
そして当社保有の不動産を法人・個人へ売却します。
売却をするうえで、物件を情報媒体に掲載したり、不動産会社・お客様への営業活動を行います。金額の調整・交渉も売却をするうえで重要な業務となります。

物件資料や物件撮影などは社内の関係部署の社員に依頼できるので営業活動に専念できます。

interview01-2.jpg
Q.どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

自分が関わったものがカタチに残る。例えば土地を売却し、その土地にマンションやビルが建ち、そこで誰かが働いたり暮らしたり。そういった地域活性の一役を担えていることに非常にやりがいを感じています。

また、売買営業を通じての日々多くの方々と出会えることも仕事の原動力となり、自分の成長に繋がっていると感じています。

社員に聞く3つの質問
Q1.エス・シー・エスはどんな会社ですか?

エス・シー・エスは少数精鋭の会社です。社員の年齢層は20~70代までと幅広いですが、皆さん分け隔てなくフランクに接しています。もちろんお互いを思いやる礼儀も忘れていません。当社のオフィスは3階が私の所属する営業部隊、4階がバックオフィス部隊ですが、休憩時などはよく4階の社員達に絡みに行っています(笑)。

Q2.部署はどんな雰囲気ですか?

オン・オフをしっかり分けて皆さん働いています。集中するときは集中し気を抜くときは抜く、といった雰囲気でしょうか。笑い声も良く聞こえます。また、当社は営業では珍しくノルマなどは設けず、自分で戦略を立てて動いています。その分個々が自立し、また社員同士の競争意識も強くないのでお互いサポートしながら仕事を進められています。

Q3.仕事で、他の部署の人との交流はありますか?

業務ですべての社員と交流があるわけではありません。ただ休憩中はフランクにコミュニケーションを取ったり、定期的に行われる食事会や社内イベントで交流を図れています。他社様と比較はできませんが当社は結構仲が良い会社じゃないでしょうか。

interview01-3.jpg
メッセージ

言われたままやる・やらされる仕事と、自ら動いてやる仕事、どちらが楽しいでしょうか?答えは言わずもがなですね。

エス・シー・エスは少数精鋭の会社ですので自ら考えて動く【主体性】を求められます。もちろん、すべてを任せて放置などはしません。私にないスキルや能力をあなたも持っていると思いますので、お互いサポートしながら高みを目指しましょう。

bottom of page